ドバイ出張(16.11.11)

 海外出張で、10年ぶりのドバイに5日間行ってきました。UAE(アラブ首長国連邦)です。知る人ぞ知る砂漠の上に作られた都市です。ここの王族が世界中の投資家たちと作り上げた超一流のビル群とか話題いっぱいの街です。リーマンショックで中断していた世界一高いタワービル建設も、隣のアブダビの王族の資金援助を得て、そちらの一族の名前に変わってブルジュ・ハリファという名のビルになって完成していました。計画ではブルジュ・ドバイ。10年前に七つ星ホテルとして一世を風靡していたブルジュ・アル・アラブも超一流ホテルとして健在でした。
 今回は忙しくて市内をウロウロする間はなかったのですが、1日だけ夕食に連れて行ってもらいました。ブルジュ・アル・アラブの隣のジュメイラというホテルでしたが、これもすごいホテルでした。わずかな時間でしたが楽しませてもらいました。夕食の帰りにブルジュ・ハリファの近くを通ってくれました。品のあるエミレイツ・ツインタワーも懐かしかった(前回は服装が理由で入れてくれなんだ)。
 満月が大きく見えるスーパームーンに当たっていましたので、異国でその光景を眺めることもできました。こういう現象は日本と同じなんだ。当たり前か。エミレイツ航空の素敵なコスチュームも印象的でした。
 仕事に行ってたんですヨ。アルバムへ。

しまなみサイクリング2016(16.10.30)

 しまなみサイクリング2016大会に参加して150kmを走ってきました。尾道までの往復です。2年前と同じく、行きは閉鎖した高速道路を走り、帰りは本来のサイクリング道路を走りました。
 今回から、各エイドステーションで時間制限という関門が設けられていて、michanはあまり気にしてなかったし、その時間も調べてなかったのですが、帰りの生口島のエイドステーションで「ハイ、2分遅れですのでリタイヤしてもらいます。」と告げられました。本来なら、そこからバスで帰らないといけないのですが、「せっかくだから自力で走って帰ります。自己責任で。」と許可をもらい、そのまま走って帰りました。最終門限は17:00でしたが、michanが到着したのは18:00でした。07:30スタートでしたので、次回、注意して走ったとしても1時間もタイムを縮めるのは無理みたいです。美人妻と並んでゆっくり違うコースを楽しみながら走るのが似合っていそうです。そうそう、美人妻も70kmのコースに応募はしていたのですが、抽選に漏れたのでした。
 折り返し地点の尾道駅前の芝生の公園では、昼食を食べながら、この大会に参加するだけの目的で来日したというオーストラリアからの若者と楽しく話していたのですが、帰路の後半は、全く加速できないきつさを感じながらの走行でした。はたして2年後に再挑戦する気になるかどうか。michanの写真がないけど前夜祭を含むアルバムへ。

トモユキ家・マイコさん帰省(16.09.18)

 アヤさんの兄さんの結婚式の為、トモユキ家が前前日にやってきました。それに合わせてマイコさんも帰省してきました。ユハルくんとユマちゃんに久しぶりに会えました。ユハルくんは背が高くなり、ユマちゃんは驚くほど活発になりみんなを仕切っています。向こうでもそうらしい。楽しい一日でした。でも、michanは早朝に施設から呼び出しがあり、おばあちゃんを病院に連れていき、点滴に付き添ったのでした。アルバムへ。

シンガポール出張(16.08.26)

 シンガポールへ出張で同僚と行ってきました。と言っても日帰りのようなもので、夜の便で羽田を出発し、次の日の夜の便で成田へ帰ってきました。仕事はミーティングと昼食をしただけでしたので、飛行機の時間まで途中の有名ホテル「マリーナベイサンズ」で遊んできました。michan以外の家族はここにステイしたことがありますので行ってみたかったのです。まあ、屋上で泳いではいませんが、ちょっと覗いてきました。カジノでも遊んできました。久しぶりに海外の空気を吸ってきました。
 ところで、空港でカメラを失くしてしまいまして、また新しいのが買えるなと思いつつ、念のためインフォメイションに訊ねてみますと、何とそこにありました。シンガポールやるもんです。アルバムへ。

お盆(16.08.15)

 お盆にコースケ君とマイコさん夫婦がやってきました。あとは誰もいないのですが、4人で東温市の滑川渓谷へ行ってきました。そして、近くの皿ヶ嶺登山口にある風穴にも行ってきました。滑川はmichanも初めてでした。風穴は行ったことはありましたが、真夏でも岩の隙間から冷風が噴き出てくる不思議なスポットで、夏にはいいとこですよ。アルバムへ。

エリカさんと大家さん日本旅行(16.07.21)

 エリカさんが借りてる英国のアパートの大家さん(アリスタさん)が日本旅行をしたいというので、エリカさんは休みを利用して一緒に日本に来て案内?同行?をしたそうです。北海道と東京と京都と今治で、東京ではエリカさんの彼とマコト君の彼女も一緒だったようですね。京都ではマイコさん夫婦をさそってたみたいです。約2週間の滞在で2日間は今治のmichan宅へ泊りました。北海道ではレンタカーで彼が運転したそうです。
 michan宅では、夜だけでしたが少しは話をしました。EU離脱に賛成したと言うのを目の前で聞いてそれなりに納得しました。訳のわからんことをよけしゃべってましたが。一日目は寝室のエヤコンをかけてあげてたのですが、暖房のままだったらしい、日本語読めんから暑いまま寝たそうだ。笑っちゃった、ゴメン。
 写真を見てあらためて思いましたが、かなり楽しんで帰ったのではないでしょうか。日本てすごいなあ。外国人旅行者は増え続けるでしょうね。
アルバム北海道へ。東京へ。京都へ。今治へ。

博多祇園山笠(16.07.15)

 michanは、出張研修で同僚と博多に二泊してきました。現地で知ったのですが、二日目の15日は有名な博多祇園山笠の最終日だというのです。これはラッキーと、早朝04:00から見学に行きました。04:59からクライマックスである追い山笠が始まるのです。michanも知らなかったのですが、そもそもこの祭りの歴史、行事を少し勉強しないとなかなか楽しめそうもありません。7月1日からさまざまな行事が開始され、最終日に8台の山車がふんどし姿の描き手によって櫛田神社の境内と市内を走り回る追い山となります。まあ、1台で言えば30分くらいで終わってしまいますが、タイムも競うのです。観客に見せるというより櫛田神社のお祭りなのです。壮大で有名な祭りの割には観客が多くないのは、そういうことで、また早朝だけがクライマックスなんですから。
 とにかく追い山笠を見られたのはラッキーでした。あと、博多で気づいたことは、食事がどこもウマイことです。二日間だけですけれど、駅構内でも市内居酒屋でもとにかくウマイ。博多は全国的にも言われていると言や、そうなんだけれど、たまたまなのか、また行ってみたい店ばかりでした。アルバムへ。

サイクリング(16.05.02-04)

 ゴールデンウィークは特に予定はありませんでしたので、サイクリングしてきました。今年の10月30日には一昨年に続き、しまなみサイクリング大会があり、最長の150kmに挑戦しようか迷っていたところです。半年ほど前にロードバイクを購入してるので、これでの長距離も初めてです。大三島と大島をそれぞれ周回して帰ると約120kmで、きつい峠もありますので、5月2日、このコースを走ってみました。
 天気が良くて、連休中ですので多くの人が走っていました。一人ですので適当に休憩しながら、公園や造船所を見学しながらの旅でした。登り坂でのきつさより、腰の悪さが出て、そちらのほうが辛かったですね。でも、何とか完走できました。
 3日にマイコさんが帰ってきましたので、4日は二人で大島へサイクリングに行きました。バラ公園と名駒の千年松へも行きました。名駒峠の登り坂は値打ちありましたが、マイコさんも平気で付いてきてました。いきいき館で食事しようかと思いましたが、予想通り大混雑で、食べずに帰りました。糸山の展望台へも寄り、近くの「海の見えるカフェ」でコーヒーをいただきました。
 2日も4日もGPS端末を持っていってましたので、それぞれ3D軌跡を表示してみました。山歩きではいつも使っていますが、こういうときも便利ですよ。

 アルバム5月2日へ。アルバム5月4日へ。

ヤエコさん義父49日法要(16.04.24)

 3月28日に逝去されたヤエコさんの義父で、ヤスシくんの実父でもあるツギオさんの49日法要が自宅であり、食事会が今治国際ホテルでありました。 michanも呼ばれていましたので参加し、食事もいただいててきました。そこそこ知り合いの人もいましたので、なごやかな楽しい食事会になりました。アルバムへ。

じいちゃん花見(15.04.03)

 今治は桜の開花が遅いのですね。暖かいから。曇り空でしたが、4月3日(日)に、じいちゃんと美人妻と花見に行ってきました。糸山と近見山ですが、大勢の花見客はいませんが、毎年そこそこの景色を見せてくれます。じいちゃんの調子も良かったので、外をだいぶを歩きました。アルバムへ。

正月(16.01.01)

 コースケ君は初めて正月を一緒に迎えました。トモユキ君とこもやってきました。エリカさんは帰りませんしマコト君はどこかに行って居ませんが、賑やかに過ごしました。大晦日にはタツヤ君も来て麻雀をやりました。michanは負けてあげたんですよ。ウン。
 元旦は、今年もじいちゃんばあちゃんと共に、お屠蘇とおせちとお雑煮をいただくことができました。ユハルくんもユマちゃんも成長していました。マイコさんとこの小さなネコちゃんも連れてきてました。ルナちゃんです。ユマちゃんがルナちゃんと遊ぼうと近づくと、ルナちゃんは怖い顔と声で威嚇しましたのでユマちゃんは泣いてしまいました。これ、トラウマになっちゃうかなあ、いや、生き物はちいちゃくてもこんなもんだと、よい学習をしましたね。アルバムへ。

ヲリノさん三十三回忌(15.12.27)

 ばあちゃんの母上であったヲリノさんの三十三回忌法要の案内があり、じいちゃんの代わりにmichanが、ばあちゃんを連れて行ってきました。波方の長泉寺で法要をして、墓参りの後、糸山の大潮荘で食事会がありました。天気は良かったのですが、ばあちゃんが最後までもつか心配でしたけれど大丈夫でした。
 久しぶりに皆さんとお話ができ、楽しかったです。昔話と子供達や血縁等、面白い話がいっぱい聞けました。アルバムへ。

エリカさん英国出発(15.09.09)

 エリカさんが以前から準備していた英国留学への出発の日がきました。今治国際ホテルからの夜行バスに乗るため、美人妻とエリカさんを送って行きました。するとエリカさんが参加しているNPOの友人達が見送りに来ているではありませんか。国際ホテルの広場で、テープも使って見送ってくれました。国際ホテルの人達の顰蹙を買いながらも目を瞑ってくれてました。知らない人達ばかりでちょっと驚きましたが、写真も撮ってくれてたのでアップしておきます。
アルバムへ。

京都タワー・映画村(15.09.06)

 マイコさんの結婚式の夜は、トモユキ君たちと同じ旅館に泊まり、翌日はユハルくんとユマちゃんを連れて、京都タワーと映画村に行ってきました。トモユキ君たちと、エリカさんマコト君はそれぞれどこかへ行きましたので、久しぶりにこのメンバーで遊んできました。アルバムへ。

マイコさん結婚式(15.09.05)

 京都のしょうざんリゾートというところで、マイコさんの結婚式と披露宴に出席してきました。広い和風庭園の中にあるステキな会場でした。食事も豪華で、出席者全員の似顔絵を描いてもらうサービスもありました。すべてマイコさん達の手配で、ケーコさん、ヤエコさん達にもお願いして余興でハワイアンを歌っていただきました。ユハルくんとユマちゃんは乾杯の発声をしてくれました。michan 達は出席するだけの予定でしたが、エリカさんが新郎とタクらんで、新婦へのサプライズとしてフラッシュモブをやろうと計画しました。プロのダンサーも手配して、後は兄弟と新郎の友人達が参加して、そして何と michanも引っ張り出されて参加することになりました。練習しましたよ。今どきの披露宴は悪くはないと思っていましたが、参加することになるとは・・・楽しかったです。
 出席していただいた皆様、ありがとうございました。アルバムへ。前撮りへ

お盆(15.08.15)

 お盆でマイコさんや、施設からばあちゃんも帰ってきました。じいちゃんは嬉しかったのか、夜はばあちゃんと一緒に寝ていました。マコトくんは誰かと何処かへ行ったみたいで、ずっと居ませんでした。michan はのんびりしましたが、エリカさんが彼氏を連れてきましたので、サイエンスの難題を出して困らせてやろうと思ったのに、全てすぐに答えやがった。
 彼はロードバイクを持ってきていたので、組み立ててエリカさんとしまなみ海道をサイクリングに行きました。michan は付いては行っていませんよ。アルバムへ。

エリカしまなみサイクリング(15.06.13)

 エリカさんの友人がサイクリングをするため三重県からやってきて、糸山サンライズでクロスバイクを借りて、2人で尾道までサイクリングしてきました。朝8時から7時間近くかかったそうです。michanが尾道までクルマで迎えに行き、帰りに亀老山に寄って帰りました。
 夕食は、michanと美人妻と4人でイタリアンアウストロへ行きました。楽しく会話しながら会食して、翌日、彼女はエリカさんと今治市内を散策して帰っていきました。天気がもう少しよければよかったけど、そして、しんどかっただろうけれど、楽しめたのではないでしょうか。アルバムへ。

イツシさん三周忌(15.04.05)

 イツシさんの三周忌がありました。前回と同じ菊間の円福寺で法要をして面白い説教も聞きました。桜もきれいなお寺です。小雨の中、墓参り後、ボヌールブッソールで食事会もありました。今回はトモユキ家も全員参加しました。前日から来ていましたので、大きくなったユハルくんとユマちゃんと少し遊べました。ちょっぴり慌ただしく、疲れましたが楽しい一日でした。アルバムへ。

じいちゃん誕生日(15.02.22)

 2月22日はじいちゃんの誕生日で、ケーコさんヤエコさんがケーキを持ってきてくれました。じいちゃんは93歳になりました。 michanは、予定していた登山が中止になりケーキを一緒にいただきました。午後はばあちゃんのところに行き、ばあちゃんの好きな美空ひばりをパソコンのカラオケで歌いました。アルバムへ。

正月(14.12.29~15.01.02)

 年末にエリカさんやマイコさんやトモユキ君達が帰省してきました。マコト君は誰かとアメリカに遊びに行ったようですが、ユハルくんやユマちゃん中心の賑やかな年末年始になりました。ばあちゃんも正月は帰ってきました。マイコさんの彼氏もやってきて一泊して帰りました。2日はウチの子らは午前中に帰っていきましたが、昼はケーコさんとことヤエコさんとこも来て、じいちゃんとこで食事会を開きました。ずっとバタバタしてましたが楽しい正月でした。アルバムへ。

ケイリーやって来た(14.12.28)

 堺市でエリカさんと一年余り部屋をシェヤーしていた同居人のケイリーが、エリカさんの帰省に合わせてやって来ました。ケイリーはアメリカ人で、今度転居することもあり遊びにきました。二人は長距離バスで来て、ケイリーはその夜にあわただしくバスで帰っていきました。
 夕食はイタリアンにしましたが、若いのにサイエンスにも強く、michanとも話が合い長時間楽しみました。もちろん日本語です。彼女は学校で英語を教えていて日本語もぺらぺらですから。ダンスのパフォーマーのグループにも入っていて、そのうちブレイクしたらそちらのほうに進むかもとか。また来るそうです。アルバムへ。

しまなみサイクリング(14.10.26)

 しまなみ海道の高速道路を閉鎖して国際サイクリング大会が開かれました。9種類のコースに分かれていましたが、michan は100kmのコースに参加してきました。今治インター入口をスタートして高速道路上を進み、生口島で降りてそこを一周して、大三島と伯方島の一般道を走り、大島の裏街道を半周して今治のしまなみアースランドに帰ってくるコースでした。
 自転車はあまり興味なかったのですが、ふと参加してみようと思い、それでも途中でぶっ倒れたらいけませんので約一ヶ月前にレンタルバイクでほぼ同じコースを走ってみました。下半身に相当ダメージが残りましたが、何とか走れるだろうと出場を決意しました。レンタルバイクでいいと思っていましたが、当日は借りられそうにないとわかり、安いクロスバイクを買うことにしました。ところが自転車屋で話をしているうちに、小径車でも長距離いけますよと言われ、それを買ってしまいました。まあ、普段ママチャリとしても使いたかったのもありますが。
 それで練習し始めましたが、あまりに走らない、ローギア過ぎます。そこで前のクランクギアを大きいのに替えようと思い、自転車屋に持っていくか迷いましたが、インターネットでいくらでも安いのがありましたのでそれを取り寄せて自分で替えました。だいぶ良くなりましたが、慣れてくるとさらに速くしたいと思い、もう一回り大きいのにまた替えました。後ろのスプロケットギアもロー側が登り坂で不安ですので、マウンテンバイク用のワイドレシオのギアに替えました。それに伴いチェーンもディレイラーも替えました。ようやく満足いけるギア比に仕上がりました。6速ですがロードバイク並に走れるはずです。毎晩の練習は、最適のギア比になったので気持ちよく近見山や糸山の急坂を走っていました。サドルも高くして運転姿勢も最適値を見つけました。小径車だけどロードバイクにも負けないぞと愛着がわいてきました。
 ところが、サイクリング大会当日、ずらっと並んだバイクどもはどんなであったでしょうか、本格的な高級バイクばかりではありませんか。ある程度予想はしてましたが、そんな中に20インチのママチャリ的な小径車を並べると恥ずかしいのなんのって。よく捜すとわずかに小径車での参加者もいましたが、それは本格的なロードタイプでした。
 でも走り出すとギアを替えていただけに、そこそこ走りますのでスイスイ気持ちよく走れました。そこらを気付いたアメリカからのおばちゃんが話しかけてきたり、日本人のきれいなおねーさんも走りながら不思議そうに質問してきまして、楽しく会話してましたがそのうちはぐれてしまって、最後まで併走してもらえばよかったと後悔しました。
 まあ、本格的なロードバイクの人達の巡航スピードの速さは、以前から知ってましたし、礼儀正しくビュンビュン追い抜いていかれるばかりでした。
 後半、大島の一般道の田ノ浦峠の急坂の登りは、登りきれない人もいる中、疲れていましたがノンストップで登れましたので、ギアを替えてたのもあって自己満足でした。6時間あまりで無事帰り着くことができましたが、全員チップを着けさされていまして、帰宅してから知り合いの人のタイムをパソコンで確認できますのでこれもすごいですね。別にタイムを競う大会ではありませんし、途中のエイドステーションで無料の地元特産物をいただき、きれいな景色を眺めながらサイクリングを楽しんだらいいのですが、他所から来た人達の感じ方はどうだったのでしょうかね。沿道からの声援もすごかったよ。
 今回の大会は海外を含め7000人以上の参加者で、高速道路を閉鎖して県警も相当数協力して市職員を含め3000人のサポートがあったそうで、県知事の強い意思がないと実現しなかったでしょう。次回あるかどうかわかりませんが、その時は本格的なロードバイクで参加せんといかんね。アルバムへ。

ばあちゃん誕生会(14.09.20)

 9月20日はばあちゃんの誕生日でした。じいちゃんと美人妻が誕生祝に行くと、施設のほうでも誕生会をしてくれていました。得意の歌を歌いながら、皆からもそれなりに信頼されて明るく振舞っていたそうです。ケーキをよばれながら楽しい一日だったと思います。アルバムへ。

トモユキ家帰省(14.08.24)

 お盆に帰省できなかったトモユキ家が23、24日にやってきました。ユマちゃんも大きくなりました。ユハルくん用に買っておいたヘリコプターのおもちゃは、トモユキくんがはまってました。24日は庭でバーベキューをしました。それほど天気が暑くなくてよかった。初めてでしたが案外良かったみたい。アルバムへ。

お盆(14.08.17)

 今年のお盆はマイコさんとエリカさんが帰省しました。介護施設からおばあちゃんも帰ってきました。マコトくんはシンガポールに遊びに行きました。マイコさんとエリカさんが京都と大阪に帰ってから、17日にじいちゃんとこでケーコさんヤエコさん達と食事会をしました。じいちゃんばあちゃんは何とかいつもの通り食事ができました。じいちゃんはビールも飲みました。久しぶりの食事会に皆さん新しい近況を話しながら楽しみました。アルバムへ。

アユミさん女児誕生(14.06.25)

 アユミさんに6月25日、女児が誕生しました。ヤスシ君とこの初孫です。29日に美人妻とエリカさんと共に見舞いに行ってきました。もう名前を決めていたようで、詩(うた)ちゃんです。宅間のじいちゃんばあちゃんも曾孫を見に来ました。しばらくヤエコさんは忙しいでしょうね。アルバムへ。

芝生と家庭菜園(14.06.22)

 家の東側の庭には今まで夏芝や冬芝を張ってきましたが、どれも上手く根付かず見た目もよくありませんでした。上手くいかない理由は水はけが悪いからだろうと、土壌を改良することにしました。と言っても上層土を取り除いて砂利と砂を敷き詰めただけですが、こらがまた大変な作業でした。3月の日曜のたびに作業しましたが、砂利の運搬時にたまたまマコトくんが帰ってきていて手伝ってもらいましたので何とかやり遂げました。しばらく落ち着かせてから芝苗を注文して張りましたが、この時はエリカさんが手伝ってくれました。また、野菜畑も荒れたままでしたので耕し直していくつかの野菜を植えました。
 5月には芝苗をさらに注文して少し広げました。花壇も新設してレンガの縁取りも取り付けました。いろいろ手を加えていき、6月には芝生も成長してきて、きゅうりや茄子もでき始めました。これからの暑い夏場にこの緑を維持できるか不安なのですが、水遣りを絶やさず頑張ってみましょう。アルバム3月、6月へ。

  トンボ来て 娘の芝張り 眺めてる

しまなみ歌舞伎(14.06.08)

 市川海老蔵の歌舞伎を見てきましたぞ。今年は「しまのわ2014」という企画で、広島県と愛媛県がいろんなイベントを計画していて、特別企画として大山祇神社で市川海老蔵出演の「しまなみ歌舞伎」がありました。これのチケットが2枚手に入りましたので美人妻と行ってきました。
 観客は、地元の人はあまりいなかったのではないだろうか、海老蔵追っかけのおばちゃん達ばっかりのように見えました。michanも海老蔵見たさに行ったのですが。最初の、すっぴんでの海老蔵の御目見得口上がおもしろかった。自分のブログやフェイスブックを見てくれと、歌舞伎言葉で口上したりして観客を笑わせていました。それだけでもmichanも海老蔵を気に入ってしまいました。演目の「碇知盛(いかりとももり)」は、少しはあらすじを調べてましたが、それより各役者の台詞の発声と表現力を楽しむものなのでしょう。「能」よりは楽しめました。お囃子と唄も10人の生演奏ですのでこれもすばらしかった。
 歌舞伎を生で初めて見ましたが、この伝統芸能は文化財であり芸術でもあり、興行でもあります。田舎ではなかなか観賞できないのは残念ですが、追っかけを含め、多くのファンが居続けるのが何となく理解できました。あきらかにAKBよりはおもしろそうだ。アルバムへ。

坂の上のイタリアン(14.06.07)

 波方の山の中にイタリアンレストランが昨年開業していたのを知り、マイコさんが帰ってきたときに行ってきました。地理的には波方の養老ですのでよく知ってる場所ですが、そんな田舎の山の中にレストランなんか不思議でしたが、予約制の店内は客ですぐにいっぱいになりました。そういう時代なんでしょう。オーナーは先日亡くなった日本のラーメン業界のカリスマ、佐野実氏の息子さんがやっています。今治は地元の海産物を使った和食が多かったですが、市内でも洋食店が増えてきました。
 前日までの予約でないとコース料理はできないということで、適当に一品をオーダーしましたが、材料には拘っているようでした。やはりピザは特に旨かった。アルバムへ。
 

ばあちゃん一時帰宅(14.05.04)

 5月4日、5日と、ばあちゃんが小規模多機能介護施設から一時帰宅してきました。4日はコージさんとケーコさんが、5日はヤエコさんが来てくれて久しぶりに楽しい会話ができました。4日の昼は豪華なご馳走になりました。夜はやはり風呂には入ってくれず、michanはプッツンしてしまいました。反省。アルバムへ。

ばあちゃん訪問(14.04.06)

 イツシさんの一周忌に子供達も帰っていましたし、じいちゃんの腰の具合も少し良くなったようなので、皆でばあちゃんに会いにいきました。ばあちゃんは小規模多機能介護施設にステイしたままです。ばあちゃんは相変わらず明るく振舞っていましたが、以前より落ち着きがあるように感じました。なかなか皆の名前が出ませんが。
 帰りに近見山の桜を観賞してきました。ここはもっと花見客が増えてもいいと思います。アルバムへ。

イツシさん一周忌(14.04.05)

 昨年亡くなったイツシさんの一周忌がありました。菊間の円福寺で法要を行い、小雨の中、墓参り後、ヴォヌールブッソール(伊予水軍洋食部)での食事会に集まりました。親戚一同が集まり、孫達も集いました。イツシさんを偲びながら楽しい時間になりました。アルバムへ。

じいちゃん入院(14.03.09)

 じいちゃんが、腰が悪くなりほとんど立てなくなり入院することになりました。骨折ということでしたが、骨粗鬆病のようなものだと思います。コルセットを付け、骨を回復する注射を打ちながら安静にしていましたが、痛みが少なくなると自宅で治療できるということですぐに退院させられました。2月10日から28日までの入院でした。
 その間、ばあちゃんの面倒をずっとは看られないので、近くの小規模多機能型介護施設に預かってもらいました。じいちゃんが退院してからも、ばあちゃんはそのままステイしていましたので、ケーコさん達と3月9日に訪問した時の写真をアップしておきます。アルバムへ。

カンボジア・シンガポール旅行(14.01.29~02.02)

 美人妻とマイコさん、そしてエリカさんが、カンボジアとシンガポールへ観光旅行に行ってきました。シンガポールにいるマコトくんも現地で合流して同行しました。ほとんどマイコさんが計画して、ツアーではなく、ネットで格安チケットの購入やホテルの予約をしたみたいです。よく無事に帰ってきたもんだ。
 カンボジアではシェムリアップのアンコールワットを中心に、シンガポールでは有名なマリーナベイサンズホテルに泊まり、屋上のプールで泳いできたそうです。短期間ですが楽しんできたようです。観光してきたところを記録しておきます。

1月29日(水)23:30 関空発。

30日(木)11:30 カンボジアシェムリアップ着。ベンメリア遺跡、トンレサップ湖遊覧、ホテル。

31日(金)05:00 アンコールワット日の出、ホテル朝食、アンコールトム、タプローム、アンコールワット、19:10 シェムリアップ空港発、23:00 シンガポールマリーナベイサンズホテル着。

2月1日(土)10:00 セントーサ島探索、15:00 ホテルプール、18:00 ナイトサファリ、22:00 噴水ショー、 23:00 バンジージャンプ

2日(日)09:00 マーライオン公園、14:00シンガポール空港発、21:00 関空着。

 アルバムへ。

京都水族館・梅小路蒸気機関車館(14.01.12)

 ユウくんの結婚式でmichanとこも全員集まりましたので、11日夜は和式の旅館で一泊して、12日午前中みんなで遊ぶことにしていました。マイコさんは友人達とスノボーに行くため帰りましたが、12日朝は旅館で豪華な朝食をいただき旅行気分を味わいました。
 トモユキくんとアヤさんは二人だけで京都市内をデートするんだと消えていきました。michanと美人妻、マコトくん、エリカさん、ユハルくん、ユマちゃんが京都水族館と梅小路蒸気機関車館で遊んできました。事前に計画はしていたのですが、ユハルくんとユマちゃんにイルカショーを見せて、蒸気機関車に乗せてあげたかったのです。michanが見たかっただけかも。ウン、特に蒸気機関車館は興奮しました。ユハルくんは蒸気機関車に乗りましたが、運転できなかったので不満だったかも。
 午後2時に京都駅でユハルくんとユマちゃんを返し、そこで解散してmichan達はクルマで今治に帰りました。楽しかった。アルバムへ。

ユウキ結婚式(14.01.11)

 イッチャンとこのユウキくんの結婚式と披露宴が京都のフォーチュンガーデンキョウトで執り行われました。michanとこは、michanと美人妻、マイコさん、エリカさん、シンガポールからマコトくん、相模原からトモユキくん、アヤさん、ユハルくん、ユマちゃんが出席しました。
 披露宴会場は、京都の歴史を刻んできた名建築である旧島津製作所本店を改装したもので、内装は昭和の匂いと雰囲気が残されていました。格調高い会場ではありましたが、披露宴そのものは若者達に会場を乗っ取られていた雰囲気で、イマドキの結婚披露宴はほとんどこんなスタイルなんだろうとあらためて思い知らされました。メチャクチャ明るく楽しい披露宴でした。
 最後のイサムさんとユウくんのフランクな名スピーチは、本人達の自己紹介のようなもので、この時初めて彼等の素顔を知っちゃったと言ってもいいですね。また、チャペルでの結婚式でバージンロードに登場してきたユウくんが、友人達の笑いの中、前席に座っていたイサムさんとハイタッチした姿が印象的でした。
 ユウくん、きれいな奥さんとお幸せに。アルバムへ。

正月(14.01.01~03)

 今年はトモユキくんとことマコトくんは帰ってこず、マイコさんとエリカさんが帰ってきました。会社の休みも充分ありましたのでのんびり過ごしました。正月前もあまり準備に忙しくなく美人妻と喧嘩せずにすみました。元旦はいつものように座敷で、じいちゃんばあちゃんを呼んでお屠蘇とおせち料理、お雑煮をいただきました。
 初詣は、喪中でしたので神社には行かず善通寺に行ってきました。初めてでしたが、多くの人出でそうとう並びました。弘法大師の生まれた場所で由緒ある広いお寺でした。四国霊場第75番札所でもあります。
 3日はコージさんヤスシくんとこもやってきて、やはり座敷でじいちゃんばあちゃんと食事会をしました。
 ずっと天気も良くてホントのんびりしましたが、2日夜はmichanは還暦同窓会がありました。じいちゃんは元気で、杖も新調して歩きまわっています。

 杖新た せがれ見やりて 初笑い

アルバムへ。

トモユキくん家族帰省(13.12.11~15)

 トモユキくんは、正月は当直があり帰れないそうで、善通寺で研修があったのでそれを利用して11日から15日まで家族で今治と大三島に帰ってきました。michanはユマちゃんのために滑り台をこしらえて待っていました。ユマちゃんは直前に嘔吐と下痢の症状で心配しましたが、今治ではよくなってきました。そのかわりユハルくんがこちらで同じ症状になり体調がよくありませんでした。かわいそ。でも、michanと二人でおもちゃを買いにクルマで行きましたが、ハンドルを握らせると喜んで運転してました。上手です。マイコさんも帰ってきて面倒をみてくれました。短い期間でしたが楽しませてもらいました。アルバムへ。

トモユキくんとこ訪問(13.11.10)

 LCCの格安航空券を使えば松山から成田まで超安値で行けるということで、どんなものかいつか乗ってみたいと思っていました。ちょっと所用が出来ましたので、また、ユハルくんとユマちゃんにも会えるということで、11月9(土)、10(日)と東京に行ってきました。チョンボだらけの旅行になりましたが。
 9日は柏市で友人に会い、そこで宿泊して10日の早朝、相模原に電車で向かいました。出発してすぐ地震があり、次の駅で点検のためしばらく停車しました。15分後に運転は再開しましたが、何度かの接続が予定どうりいきません。スマホですぐに再検索するほど慣れてませんので行先確認だけで乗り継いでいったのですが、やはり遅れていきイライラしましたが、やっと小田急相模原駅に着きました。初めての場所とはいえ、ここから歩いて10分くらいだと頭にインプットしていた方向へ歩き始めました。しかし、それが反対方向だったのでした。かなり歩いたところで気付き、タクシーを拾いました。違う方向からのクルマでのアクセスは上手く説明できず、運転手とアレコレ会話して捜してやっと辿りつきました。ホッとしてマンションを見上げながらタクシーを見送りましたが、アレッ、バッグをタクシーに置き忘れたではないか。バッグの中のおもちゃを渡すだけに来たようなものなのに。マンションの敷居が高い。まあ、そんなに深刻にはならず手ぶらで行きましたよ。そんなの知らないユハルくんもユマちゃんも michanの訪問を笑顔で迎えてくれるではありませんか。おもちゃなんか関係なく一緒に遊びました。トモユキくんがタクシーの忘れ物センターへ連絡してくれましたが、日曜日なのでやってなく月曜日に再連絡するということでした。
 近くのショッピングモールに出かけ、昼食をして michanはすぐ帰路につきました。電車ではなく成田まで直通のバスにしました。帰路の途中、トモユキくんからメールが入り、何とバッグが届いたと。michanがタクシーの運転手といろいろ会話していたことと、バッグの中の書類からの情報を手がかりにトモユキくんとこに辿りついたみたい。いづれ出てくるとは思っていたけれど、こんなに早く運転手が届けてくれるとは。日本はやはりすばらしいね。
 今回はジェットスタージャパンというLCCでしたが、私的な利用では全く問題ないと思います。海外用では当たり前でしたが国内でも増えていくと思います。
 それにしても以前なら絶対しないようなミスを重ねてやってしまいショックでした。アタマの老化が思った以上に進んでいるのか。おふくろが思い浮かぶ。アルバムへ。

墓参り(13.08.15)

 今年のお盆はマコト君しか帰ってないので静かでした。マコト君は当然家にほとんど居ませんし。15日にじいちゃんばあちゃんと墓参りしてきました。じいちゃんはクルマで待ってるからと言っていたのですが、調子がいいからワシも参っていくと、とことこ進んで行きました。びっくり、大浦のあの坂道をどんどん走っていくではありませんか・・・。まあ、ばあちゃんのほうがしんどそうだった。
 小部の墓は美人妻と二人で参ってきました。そして、ばあちゃんの実家へも寄ってきました。シンジ君には会えませんでしたが、キクおばさんとは話ができました。近所のばあちゃんの同級生が懐かしそうに話しかけてきました。ばあちゃんは解ってないようでしたが。
 その後今治へまわり、ヨシハルさんカツフミさんの墓参りをして、昼食にザル蕎麦を食べて帰りました。それにしてもじいちゃんとても元気でした。

 
 16日は、せっかくだからと美人妻と旅行に行ってきました。糸山のカフェにモーニングを食べに行っただけですが。話には聞いていましたが michanは初めてのカフェでした。眺めがいいのでクーラーが効いてる中よりも外のテラスでモーニングをいただきました。汗がタラタラ出続けましたが熱いコーヒーにしました。見慣れた景色でしたが、飽きがこなくいつまでも見ていたいというのが二人の意見でした。アルバムへ。

ロサンゼルス旅行(13.08.09~16)

 ユハルくんとユマちゃんのパスポートも何とか間にあって、トモユキ君のいるロサンゼルスに向けて、アヤさんとマイコさんら4人が8月9日に出発できました。ビジネスクラスしか取れなかったようだけど。こちらとはなかなか連絡は取れなかったのですが、マイコさんが日本に帰ってからデジカメのメモリーカードを送ってくれましたので、それを見ながらだいたいの行動がわかりました。
 ロサンゼルスから海側の隣町のサンタモニカへ行き、そこからレンタカーでグランドキャニオンへ行き、さらにラスベガスへ行き、ロサンゼルスへ帰ってハリウッドへ行ったようです。マイコさんは16日に京都に向けて帰りましたが、トモユキ君家族は8月末までロスにいて、一緒に相模原に帰ってくるはずです。
 マイコさんの夏季休暇がなければ実現できなかった遠征でしたが、トモユキ君家族がロスでどんなに過ごしたかはわかりませんが、最初の旅行の写真をアップしておきます。アルバムへ。
 

ユハルくん夏休み(13.07.27)

 研修のためロサンゼルスにいるトモユキくんに同行しない決断をしたアヤさん達が、ユハルくんの夏休みにしばらく今治に帰ってきました。26日に大三島の実家から3人がやってきました。ユハルくんはよくしゃべるようになっていましたし、ユマちゃんは元気に走り回り、michanにも抱きついてきます。しかし、風呂には一緒に入ってくれなんだ。
 27日には下田水からの観潮船に乗りました。来島の渦潮を見せてあげるつもりでしたが、乗ってしばらくすると二人とも寝てしまいました。結局楽しんだのは大人達だけでした。宮窪のボートに乗ったときもそうでしたが、こんなに近くにすごい渦潮があるなんて地元にいるmichanも知りませんでした。
 上陸してから海鮮バーベキューでもと思っていましたが、二人とも感動してくれそうもありませんので、クーラーの効いた食堂でうどんを食べました。アルバムへ。

 トモユキくんは、アヤさんとロサンゼルスで過ごしたかったのですが、小さい子供二人連れでは無理だと諦めていました。しかし、知恵が働くもので、マイコさんの盆休みに、子供の面倒を見てもらいながらアヤさん達3人と一緒にロスに呼び寄せる方法を考え出しました。旅費はトモユキくんが出すんでしょうが、そこまでしますかねえ。
 そんなことが急に決まりまして、子供達のパスポート取得等の準備のため、28日の飛行機でバタバタと相模原へ帰っていきました。はたして8月9日の予約飛行機に乗れるかどうか。

ばあちゃん頑張りましたが(13.06.29)

 イワオさんがよく捕れたての魚を持ってきてくれてますが、この日もスズキを釣ってきてくれました。美人妻がウマクもっていってばあちゃんに調理を勧めたところ、積極的にスズキをサバキ始めました。そして、上手にサシミを作り、さらに煮物にもしました。お裾分けもいただきまして喜んでいました。
 ところが、次の日の朝、またパトカーの世話になることとなってしまいました。前日張り切りすぎたんでしょうか。朝6時過ぎにじいちゃんからインタホンで、ばあちゃんが居ないと連絡が入りました。夜明け頃、アラームが鳴ったことは気付いていたのですが、いつものように新聞を取りにいったんだろうと思っていました。あわてて捜しに家を出ると、向こうからパトカーがやってくるではありませんか。ピンときましたので、「ハイ、こっちこっち」と手招きしてこちらに誘導してあげました。後ろ座席を見るとやはりばあちゃんでした。
 大新田の元の家(michanの生まれたところ)、その辺にいたようです。誰かが通報してくれて、パトカーが来るまで付き添っていてくれたそうです。それ以上は教えてくれません。格子戸はフックがしてあるから出られないはずだったのですが、反対側の釘で固定してた方を無理やり開けて出ていってました。後でさらに大きな釘で固定しました。今回はスマホで写真を撮る余裕もありました。おまわりさん、ごめん。アルバムへ。

 さらに7月9日(火)夜11:00頃アラームが鳴って、モニターには、着替えてハンドバッグを持ったおばあちゃんが映っていました。玄関を出ましたが、格子戸が開かないので戻り始めました。美人妻が「何処へ行くんですか?」と尋ねると、「家へ帰る」と言う。「ここが家ですよ」と言ったら納得して中へ入っていきました。


   

イツシさん逝去、そして法要(13.04.07~05.19)

 不幸事が続きますが、義父イツシさんが4月6日、県病院で亡くなりました。葬儀の準備に白石家は慌ただしかったし、その後の諸手続きと七日毎のおつとめ、そして四十九日法要を終わらせ、美人妻もようやく落ち着きを取り戻しつつあります。葬儀の時は孫たちも曾孫も集まり、それなりに賑やかになりました。エリカさんは帰れませんでしたが、弔電が届いていました。そして、それをマイコさんが代読するというパフォーマンスがありました。その電文を掲載しておきます。

『 じいちゃん。
最後に会えにいけんくてほんとうにごめんね。
あたしは元気にやってます。英語は難しいけど、友達に恵まれて楽しく過ごしてます。いろんなこと学んでます。
いろんなこと考えるようになったよ。

友達のひとりで、おじいちゃんとか、ひいおじいちゃんとかひいひいじいちゃんの写真をいっぱいもってる友達がいて、その写真にまつわる話を聞かせてくれたりすんだけど、
あたしももっとじいちゃんばぁちゃんの若い頃の話をきいとくんだなぁって思うんよ。働き者だったって母さんが昔言ってたんだけど、日本にかえったらばぁちゃんからいっぱい聞くね。

前はよく自慢の成績表を持って掃除しに行ってたね。すっごい褒めてくれるし、お菓子もくれるし、お母さんがびっくりするほどのお給料をくれるし。甘々なじいちゃんばぁちゃんだね。ありがとう。今年の夏は掃除しにいくよ。

じいちゃん、あたしはすごく幸せだよ。すごくあたたかい家庭に生まれて、好きなことをさせてくれて、すごい幸せです。
これから、仕事も見つけて、結婚もたぶんして、新しい家庭ができたりすると思います。まだまだ甘ったれなんだけど、成長していくから
天国から見守っててください。

ボストンより、エリカ 』

 アルバム通夜、告別式、四十九日法要へ。

カツフミさんお別れ(13.03.02)

 義従兄のカツフミさんが癌で亡くなりました。3月1日に通夜が、2日に告別式がありました。michan の上司でもありましたが、非常に個性的で多趣味な人物で、その人脈は多岐にわたっていました。
 通夜にも多くの人が集まりましたが、その時のお礼の挨拶を妻のミチコさんが行いました。8年間に及ぶ闘病生活や末期の骨髄移植に至るいきさつ、悩んだ末の決断とその結果の生々しい説明がありました。その期間が一番夫婦らしい生活だったことも含め、笑いあり涙ありの息を呑む10分間のすばらしいお話でした。そして、話が終わるとどこからともなく拍手が起こり始めました。通夜の席ですので、一瞬「えっ?」と思いましたが、自然とそうなった、そうせざるを得なかった雰囲気でした。「気持ちはこちらによく伝わりましたよ。よく闘い続けましたね。」 これを表現するのに拍手しかなかったのでしょう。 michan は、これはアリかな、と考え方が変わってしまいました。
 告別式の出棺時は、故人のツーリング仲間がハーレーダビッドソン10台くらいで、爆音を轟かせながら霊柩車を先導して火葬場まで行きました。それを600人ほどが見送っていましたから、これもスゴイ光景ではありました。
 で、少し迷いましたがここに記録しておきます。控えめなアルバムへ。

 無念さを さざんか散りて 皆も知る

ばあちゃん夜中散歩(13.2.9)

2013年1月20日(日)
 04:00「ばあちゃんを保護してる」と警察から固定電話に連絡があり、パトカーで送ってくれた。01:00頃から今治方面へ出かけたみたいだ。不審に思った人が吉正病院前のローソンに連れていってくれて、そこから警察に連絡してくれたそうだ。ばあちゃんはパトカーに「おいくらですか?」としきりに聞いていた。
 このままではイカンと、玄関先にセンサーを付け、感知すればmichan宅の居間と寝室でアラームが鳴るようにした。そして、ボタンを押すと映像が映るワイヤレスモニターも設置した。さらに格子戸の外側に簡単なフックを取り付けて、内側からは簡単に開かないようにした。

2013年2月9日(土)
 03:15 アラームが鳴り、枕元のモニターのボタンを押すと、ばあちゃんが出かけようとしていたが、格子戸が外からフックで閉まっているので諦めて家に入っていった。3分位してまたアラームが鳴ってまた出かけようとしていた。諦めてまた家に入った。4回トライして出てこなくなった。Michanは、ばあちゃんはこのくらいで諦めたりしないと思い、また、何をしでかすかわからんのでじいちゃん宅まで調べにいった。ばあちゃんの寝室には居ない。じいちゃんの寝室を覗いた。じいちゃんを起こしたくないので、ドアを開けて入らずに見ただけだったが、ばあちゃんは居るようではなかった。座敷や二階も調べたが居ない。スリッパは玄関向けて脱いでる。まさかmichan宅の庭へ移動して外へ出かけたのか?それしかない。何度か調べなおしたがとにかく居ない。自転車で捜しに出かけた。前回の軌跡を推測しながら今治方向へ急いだ。ローソンあたりでウロウロ探すが見つからない。その時、携帯が鳴った。美人妻から、「ばあちゃん居たよ!」。じいちゃんのベットに入ってたのを美人妻が見つけた。Michanは、ばあちゃんが居ればすぐわかるだろうと思い、また、遠慮してベットに近寄らなかったので気付かなかったのだ。でもその時は「ミステリーだ」と、少しパニクッていたんだろうな。美人妻には「まだまだ捜し方が甘い!」と言われてしまった。じいちゃんばあちゃんをそのまま起こさず、我々も寝ました。後で聞くと、じいちゃんは気付いていたそうだ。その時言えよ。

 今度アラームが鳴れば、飛んでいって「ばあちゃん、どこ行くの?」と聞いてみよう。アルバムへ。