隣家庭園(20.03.29)

 新型コロナウイルスの影響が大きいですが、michan はまだ罹ってないようなので毎日曜日、隣家の庭いじりを続けていました。重労働の部分がようやく終わりに近づいてきました。牧野植物園のようにしたいのですが、いつまでたってもスタートラインに立てなかったのが、何とか目途がたってきました。入り口にシンボリツリーとしてカツラの木を植えてみました。さて、これからどのように下草をデザインしていこうか、悩ましい限りです。追加の石畳の隙間に芝生の種も撒きました。うまく発芽してくれるでしょうか。自宅の芝生の手入れの時間がありませんがな。
 庭いじりの話ではありませんが、先日、自宅の家具扉を修理しました。下側が廊下と擦れていて、何年も気になりながらそのままにしてたのを、カンナで削って修理しようとじいちゃんの形見のカンナを探しにいきました。よく削れそうなカンナを物色していたら、「平成27.11.17 研ぎ完了」と書かれた紙が貼られたカンナを見つけました。亡くなる2年前に研がれたカンナなのです。その瞬間、じいちゃんが目の前にいるような気がして、いろんなことが思い出されてよみがえってきました。それだけなんですけど・・・よく削れました。アルバムへ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント